株式会社創研

~福祉・環境・耐震リフォーム「次世代リフォーム館」

理念

トップページ ≫ 創研の理念

創研の提案(次世代リフォーム) 

次世代リフォームの構築に努力

0000062486.png
平成12年に介護保険法が制定されて以来、ケアマネージャーの方々よりご支援とご協力を頂き、バリアフリーリフォームを進めてまいりました。事業を進めていく中で、地震に対する不安を感じている高齢者の方が多いことを痛切に感じました。平成23年の3月11日の東日本大震災が戦後最大の災害となった訳ですが、日本海側である山形盆地断層帯にも想定マグニチュード7.8と非常に大きい地震の可能性があることが報告されております。山形の各市町村でも、既存住宅の耐震化対策が重要視されています。この様な状況の中、リフォームをプランする場合、福祉(バリアフリー)・環境(エコ)・に加え耐震リフォームを取り入れた複合リフォームが重要です。従来の福祉リフォーム・環境リフォーム・耐震リフォームを複合化することが重要なポイントです。私達はこの事を次世代リフォームと位置づけ努力していきたいと考えております。

重要なポイント

1.耐震性の強化を考えております。(耐震リフォーム)

昨今、地震が群発しておりますが、耐震を考えないリフォームは絶対にやるべきではありません。
ただ金物を付ければ、筋交いを入れればということではありません。
耐震はバランスが一番大切です。
きちんとした耐震診断おを行い、より良い補強案を考え、リフォームすることが大切です。
※当社は日本木造住宅耐震補強事業者労働組合の組合員です。




2.お年寄りにも優しいリフォームを考えております。(福祉リフォーム


今や高齢化社会にどんどん進んできております。
現在のことだけでなく、5年先、10年先を見据えてプランすることが大切です。
例えば、車いすを使うようになったらどのようなプランが最適なのか等、福祉用具も視野に入れたリフォームを考える事が大切です。
当社営業は、福祉住環境コーディネーターの知識を活かし、より快適な住空間を造るため、正しいアドバイスをさせていただきます。




3.温暖化対策・健康に優しいリフォームを考えております。(環境リフォーム)

今や温暖化は深刻な問題となっております。
次世代にどのような環境を残していけるかを考えなければなりません。
私たちはエコキュート、IHクッキングヒーターなどのスポット電化や太陽光発電の推進にも努力をしております。また、私たちの生活の中にも、まだまだ体に良くない物質が漂っております。
その有害物質を少しでも取り除き、“安全”な生活を実現することが大切だと思います。
また、様々な建築材料がありますが、これまでの経験と知識を活かし、その風土・環境にあった商品、デザインの提案をさせていただきます。
当社営業スタッフにご確認ください。